プロジェクトの成功を祝って、僕の自宅で栞菜と部長と飲むことになった。気づけば栞菜と部長はすっかり酔いつぶれて僕だけがさみしく一人酒。そんな時、目を覚ました部長が栞菜を置いて帰ってしまう。部屋には僕と栞菜の2人っきり。今まで下心など全く抱かなかった同僚の栞菜。無防備な姿、チラつく素肌に徐々に女を意識してしまい、悪魔の囁きによってとうとう理性を抑えられなくなっていき…。 ※この商品は専用プレイヤーでの視聴に最適化されています。 ※VR専用作品は必ず下記リンクより動作環境・対応デバイスを確認いただきご購入ください。  「動作環境・対応デバイス」について