それは突然の知らせでした。医師である夫は、あの日当直で午後からの出勤でした。夫の運転する車が、急に飛び出してきた児童を避けようとして対向車と衝突したのです。夫を事故で喪った哀しみに打ちひしがれる私に、更なる悲劇が待っていました。愛する夫の遺影の前で、大山院長が容赦なく襲いかかって来たのです。『せめて…せめて夫の前でだけは許して下さい…。』そう言いながらも、私の身体は皮肉にも絶頂を繰り返して…。※ 配信方法によって収録内容が異なる場合があります。 特集: 熟女AVメーカー特集ライブチャット 人妻フロアでキャンペーン中!