当ウェブサイトにはアダルトコンテンツが含まれております。18歳未満の方は速やかに退出してください。
身長148cmという低身長ながら、スリーサイズは90・68・86とダイナマイツ!なエレガント系(自称)ミニマムガール富士見 紗也。彼女は幼少の頃、親に訪ねた。「ねえ、フジミってなあに?」。親は軽い気持ちでこう答えた「フジミっていうのは、死なないことだよ」。自らの名前に秘められた意味を間違えて解釈した彼女は、怖いもの知らずになった。信号を赤で渡ろうとしてみた。ただ、母親にこっぴどく叱られたためそれっきりでやめた。ジャングルジムのてっぺんから飛び降りたりもしてみた。ボロボロ泣くほど痛かったのでそれっきりやめた。そんな感じでなんやかんやあり、彼女の怖いもの知らずはあっけなく身を潜めた。それから約10年間は、大人しく平凡な女の子として、平凡な人生を歩んでいた。そんな紗也も大学生になった。性欲盛んなお年頃だ。ネットなどでなんとなくAV体験撮影の仕事を知り始めた時のことだ。彼女の中で長い間眠り続けていた「不死身の心」が今、輝きを取り戻し始めた。それはさながら、寿命が訪れ灰になったあと、転生を遂げる「不死鳥」のようだ。思えば、幼少の頃の、親とのやり取りがあった時から「フェニックス・紗也」は誕生していたのかもしれない……。華麗に転生を遂げた彼女の姿、とくと目に焼き付けていただきたい。冒頭に述べた完璧と言ってもいいスタイルは、服を脱いで佇んでいるだけでも十分魅了される。それが尻を突き出して誘い、カリからゆっくり舐め、焦らすようなフェラを披露するのだ。もう辛抱たまらなくなるだろう。テメェのくっさい肉棒をキレイなピンクのおま●こにズッポズッポ突っ込んで汚したくなるだろう。ハイになった彼女が、止めとばかりに騎乗位で踊り狂えば、テンションは銀河を突き抜け最高潮。と、それぐらい彼女のエッチは興奮できる。「フェニックス・紗也」、是非一度ご覧になっていただきたい。
お気に入り数

204

再生数

8,958

配信日

2012-03-16

再生時間

41分

出会いSNS PCMAX(PCマックス)