当ウェブサイトにはアダルトコンテンツが含まれております。18歳未満の方は速やかに退出してください。
ゆったりとした服を着たスレンダーボディが魅力のミサちゃん。普段は専門学校に通っていて、学費と生活費の足しにするために今回の出演を決意したそうだ。不況と政治不信が続く世の中で信じられるのはやっぱり自分だけってことで専門学校に通い始めたは良いものの、アルバイトをしながら学校に通うのはやっぱり大変で毎月かなりギリギリの生活を強いられてるようだ。街で同年代の女の子達が服や化粧品ブランドの紙袋を持っているのを見るとすごく羨ましくなるけど、当然そんな金銭的余裕は無く、ただ指を咥えて見てるだけ……。面接で"いつかは自分の力でしっかり稼げるようになりたいです"と少し寂しそうに語っていたのが印象的でした。誰かに頼ることなく、周りに流されることも無い。自らの意思を貫き、自分で働いて学費を稼ぐなんて、何て健気な子なんでしょう。こんな素直で良い子が、これからカメラの前で見ず知らずの男性にチ○コを突っ込まれてアヘアヘ言っちゃうなんて…考えただけでヨダレが出てきちゃいます…。いざ撮影が始まってとりあえず耳からと少し愛撫してみると、なかなか過敏に反応してくれる。どうやらかなり弱いらしい。胸を触ったり、ローターでオナニーしてもらったりしてく内に緊張もほぐれてきた様子。電マを使うとどうしても足を閉じちゃうので、ベッドに仰向けに寝かせて責めてみるとだんだん声も出るようになってきた。責めて欲しいとお願いすると少し自信がない様子。丁寧なフェラで準備万端になったチ○コをヌルヌルマ○コにぶち込んであげると、声を出すのを必死で我慢してた彼女はどこへいったのか、少し激しく動いただけですぐに大きな喘ぎ声を出し始めて声をこらえるどころじゃない様子。穴が狭すぎるせいか少し痛くなってきたようなので、バックでスパンキングしながらゆっくり前後すると可愛い喘ぎ声を聞かせてくれた。こうやってHしてミサちゃんの生活がラクになるのなら、こんなスケベしか取り柄の無いオジサンでもお役に立てて光栄です(笑)
お気に入り数

38

再生数

1,272

配信日

2011-07-23

再生時間

71分

ユーザ評価
(0)
出会いSNS PCMAX(PCマックス)