当ウェブサイトにはアダルトコンテンツが含まれております。18歳未満の方は速やかに退出してください。
えっ、まさかそんな、まだやってくるのには早過ぎるのではないだろうか。例のアイツ、来るべき時を待ち、闇に身を潜めていたはずのアイツ。何故このタイミングでやってきた?知る人ぞ知るあの女。彼女の名は吉田智美、普段は専門学校生をしているが、学生らしからぬオーラが身体のある一部分から滲み出している。彼女は、ある力を秘めている。その力を知る者からは、彼女はこう呼ばれている・・・「テンプテーションニップル・トモミン」と・・・。ニップル、つまり乳首。そう、彼女は奇跡の乳首を持つ女なのである。まず何が奇跡かというと、感度が桁外れである。着ている服とすれ合うだけでも感じてしまうので、彼女にとっては悩みともいえるようようである。エッチもオナニーもせず欲求不満が溜まっているときなどは、そよ風が当たっただけで感じてしまい、外出すら困難なくらいらしい。それだけ聞けば、直接指で触れたときのリアクションを想像するのは容易だろう。まるで屈強なレスラーから正拳突きでも食らったかのように身体を跳ね上げて感じるのである。奇跡はそれだけでは終わらない。彼女の乳首は、絶妙な柔らかさをもっているのである。柔らかすぎず硬すぎず。たとえるならソフビ人形か、はたまたスティックチーズか、正確な例えが思いつかないほどに、類稀なる感触の乳首なのである。その柔らかさで虜にした男は数知れないという。そして、これが最も彼女の乳首を奇跡と言わしめる特徴であろう。彼女の乳首、摘まむとフェロモンが出てくる・・・という噂である。私自身触ったことが無いので確証はないのだが、某巨大掲示板で、彼女とエッチ、もしくはそれに準ずることをしたと言う男性の多くが、「乳首を摘まんだ途端、彼女が2倍も3倍も色っぽく見えた」と豪語しているのである。まるで霧吹きの様に、キュッキュと乳首を摘まむと、身体からシュッシュとフェロモンが散布される・・・果たしてそんなとんでも人間がいるのかどうか甚だ疑問であるが、この映像を見ると、本当かもしれないと思ってしまう。些細かもしれないが、男性が彼女の乳首を弄り始めたころから、男性の様子が変化してくるのがわかるはずである。是非実際に作品をご覧になって、知って欲しい。その変化に、テンプテーションニップル・トモミンの不思議な力と魅力に・・・。