当ウェブサイトにはアダルトコンテンツが含まれております。18歳未満の方は速やかに退出してください。
エッチな撮影に大人のお姉さんが応募して来てくれました。名前はアカネさん、年は28歳とちょっと大人を感じさせるお年頃!あかねさんは普段は製造工場の事務をしているごく普通の女子社員さんです。そんなごく普通の女子社員さんが何故エッチな撮影に応募してきたかというと。アカネさんの働いている工場では女性はアカネさんを入れて2人しか居ないらしく、一人は40過ぎのオバサンだとか。工場だとやはり社員のおじさん達からのセクハラもあるらしく、40過ぎのおばさんにではなくアカネさんにセクハラが集中するらしい。コレは特例らしいが今まで一番すごかったセクハラは、女子トイレに入った瞬間におじさんが入ってきて個室に押しやられて、そのままおマ○コに指を入れられて汚いチンコを咥えさせられたとか!?アカネさんは恥かしくてその事を誰かに話すこともできなかったとか。その後もおじさんのネチネチしたセクハラは続いたらしいのですが、流石に何度もおじさんがセクハラしていることが上の方々にばれたらしくおじさんはクビになり、アカネさんも平凡な日常が送れるものと思っていたらしいのですが、アカネさんにはココ近年ずっと彼氏がおらず。毎日工場のおじさんにセクハラされていたことで欲求不満も少しではあるが解消されていたみたいで、今回の事でおじさんがクビになり、発散できない欲求のせいで毎日頭の中がムラムラして堪らないのだとか。そんな毎日が続き毎晩オナニーにふけっていた時に手にしたエロ雑誌でこの撮影の募集を見たらしく。怖いけど勇気を振り絞って応募してきてくれたのだという。今日は面接と話していたので当日にいきなりエッチの撮影があったことにはアカネさんもちょっと戸惑ったらしいが、やっぱりオモチャよりお肉の棒は美味しいと話してくれた。フェ○チオも時間が許す限りしゃぶっていたかったらしいです!でもやっぱりカメラは恥かしいと顔を赤らめて答えてくれました。
お気に入り数

12

再生数

888

配信日

2011-06-21

再生時間

32分

ユーザ評価
(0)
出会いSNS PCMAX(PCマックス)