当ウェブサイトにはアダルトコンテンツが含まれております。18歳未満の方は速やかに退出してください。
フェラが得意だという彼女。そんな彼女を象徴するエピソードがある。それは、二十歳のとき。エミリは大学の学食研究会というサークルに入っていた。簡単に活動内容を説明すれば、全国津々浦々の大学を訪問し、学食を食べてみて独自の評価をするといったサークルだ。また、何も活動の予定が無い日は、部室でゲームをしたりして遊んだ。そんなある日のこと。彼女がいつものように部室に行ってみると、珍しく部屋には誰も居なかった。「今日は誰も来ないのかな?」そう思って、傍らにあった饅頭を食べる。この前、先輩が買ってきた信州のお土産だ。その箱をしげしげと見ながら、「私もどっか行きたいな~」そう思っていると、遠くから足音が聞こえた。次第に近づき、部室のドアの前までやってきた。そしてそのドアからは、同期の秀雄が現れたのだった。彼女は以前から彼の事が気になっていた。「二人きりになれるチャンスなんてなかなか無い!」そう思った彼女は、ここぞとばかりに親密になる為のチャンスを伺った。手始めに今日の出来事等を話しながら、不自然にならないよう少しずつ近づく。ボディタッチもどんどん積極的に行った。そして思い切って聞いてみた。「秀雄君て彼女いたことあるの?」答えはノーだ。彼女は心の中で「よっしゃぁぁぁ!!」と叫んだ。そしてそれに勢いづいた彼女はどんどんエッチな方向へと会話を持っていった。「部長のちんちんなら500円でフェラするな」気づくとそんな事まで言っていた。彼もまんざらでもないらしい。「フェラ好きなの?じゃあ俺のフェラしてよ」そう答える彼。「え~・・・だめだよ~・・・付き合ってないもん」 彼女がそう答えたら、あっさり付き合う事となった。身体目当てな事は彼女自身分っていたが、それでも良かった。彼女も彼のイチモツを本気でしゃぶりたかったのだから。それ以来彼女は毎日毎日彼のイチモツをしゃぶり続けた。それに耐えられない彼がイッてしまい、挿入出来ない事もしょっちゅうだった。そんな日々が二ヶ月程続いたある日。急に彼が別れを切り出してきた。その際には「俺のち○こがもたない!」と言われたそうだ。それ以来、新しい彼が出来てもフェラチオしたい衝動を必死に抑えているという彼女。今日はそんな自分を解放し、思う存分フェラチオを楽しんで頂きたいと思う。
お気に入り数

22

再生数

1,764

配信日

2010-11-30

再生時間

30分

ユーザ評価
(0)
出会いSNS PCMAX(PCマックス)