当ウェブサイトにはアダルトコンテンツが含まれております。18歳未満の方は速やかに退出してください。
自分でも気が付かなかった「何か、何処か物足りない」という気持ち・・・。平凡ではあるが、優しい両親に育てられ、友達にも恵まれた。これといって大きな問題もなく大学まで進学した。初めて3か月になる飲食店のアルバイトも、すっかり板についてきた。彼氏とも上手くいっている。全てが順調なのにもかかわらず、心の片隅に「足りない何か」を抱えたまま、日々を過ごしていた彼女の名前は、まな。今年で二十歳になった。ある日、何気なくネットサーフィンをしていて、ふと目に留まった高収入、即日支払可の求人広告。何かに引き寄せられるように応募を済ませる。面接当日。仕事の説明を進めていくうちに、「今日中に支払いができて、かつそれなりの額がほしいのであれば・・・」と勧められたのは、撮影の仕事。「まなちゃんが、こちらの要望にどれだけ応えられるかにによって、報酬の額も上がってきます。例えば、どこまで脱ぐのはOKだとか・・・」彼女の中で、閃光のようなものが走る。見つけた気がした。足りなかった「何か」・・・。「下着を取って」という要求に、少し恥ずかしがる様子を見せながらも応じる。理性が、まだ平静を保とうと頑張っている。だが、それもすぐに本能に押し負ける。電マを、露わになったマ○コ押し当てられると、次第に喘ぎ声は大きく、吐息は淫らになる。絶頂に向けて、濡れる、乱れる肢体。やがて、自分の心の隙間が埋まっていく悦びを身体いっぱいで表すかのように、全身を激しくびくつかせ、果てる。彼女が欲していたもの、それは、ありのまま己をさらけ出せる場所。オナニー?隣の部屋や外が気になって思い切り喘ぎ声など出せなかった。彼氏とのセッ○ス?もしかして嫌われるのでは?という懸念が行動を制限した。だが、ここでなら全てを曝け出せる。なにも、邪魔するものはない・・・。次に手コキとフェラを要求されれると、迷うことなく男優のチ○コにしゃぶりつく。甘えるように、悦びを噛みしめるように、とろけた目をして、卑猥な言葉と吐息を零しながら、ゆっくり、ゆっくり弄ぶ。最後に、出した精液を残らず飲み干した時に浮かべた表情は、誰から見ても満足とわかるであろうものであった。彼女は今後も、この世界にどっぷりと嵌まっていくことだろう・・・。
お気に入り数

80

再生数

2,607

配信日

2011-02-11

再生時間

24分

ユーザ評価
(2)
出会いSNS PCMAX(PCマックス)