当ウェブサイトにはアダルトコンテンツが含まれております。18歳未満の方は速やかに退出してください。
彼女は陰毛について悩んでいた。と言うのも先日別れた彼氏に、こう言われたからだ。「お前あそこの毛濃すぎるんだよ!」と。実際どうなのかは分からない。彼女に振られた彼は、悔し紛れにそう云ったのだろう。もしくは、彼の彼女以前の相手が普通よりも薄かったのか。だが彼女はその言葉を真に受け、傷つき、真剣に悩んだと云う。そうして出した答えがビキニライン、Iラインの脱毛だった。思い立ったが吉日、彼女は脱毛の為にさっそく近所のエステへと向かった。そこでまず彼女は誓約書を書く事となった。誓約書の内容を見てみると、「脱毛に際し、それが原因で色素沈着などを起こしたとしても文句はありません」そんな内容だった。なんでもIラインは「危険部位」に当たるそうで、色素沈着を起こしやすい部位なのだそうだ。その話を聞いた彼女は少しひるんだものの、結局は誓約書にサインした。そして脱毛当日。彼女はドキドキしながらエステへと向かった。初めての体験に多少の恐怖を感じる。いつもよりも足が重い。だが、期待も大きかった。安心してエッチがしたい。そのためには・・・そんな事を考えているうちにお店に到着し、受付を済ませる。前回誓約書を書いた部屋とは別の小部屋に案内され、施術師だと思われる白衣を着た中年女性が少し後からやって来た。そして「ラインは決められましたか?ガッツリ行っちゃう感じですか!?」と聞いてきた。自分の中では決まっていたが、どう答えて良いか戸惑い「ほどほどにお願いします」と返事をする。そしていよいよ施術の準備だ。用意してきたTバックに履き替え、施術用のベットに寝てバスタオルをかけた。若い女性の従業員が彼女の陰毛を丁寧に剃る。毛を剃りながら「痛くないですか?」と聞かれたので彼女は戸惑いと恥ずかしさのあまり「き、気持ちいいです!」と答えてしまったそうだ。そうこうしているうちに、近くでは施術師の女性がレーザーの強さを調整している。そして剃り終えるのと、早速レーザーの照射が開始された。ピッ、ピッ、ピッ・・・・。骨に、ビビビっ、ズンッ、ズンッとレーザーが当たる感触がある。「大丈夫ですか?」と施術士さん。「うーん・・い・・・痛いですね」と彼女。「すこしレーザーの出力を弱めましょうか」と提案してくる。だが彼女は、それだと効果が弱まりそうな気がして、その申し出を断り我慢する事にした。しかし、想像以上の痛みに何度も挫けそうになった。そうして30分ほど経過した頃。やっと施術が終了した。後はアイス○ンをはさんでクーリングしてこの日は終了だ。このビデオの出演後、二度目の施術を施しに行くという。全てが終わったとき、是非もう一度出演して頂きたいものだ。
お気に入り数

38

再生数

1,905

配信日

2010-10-01

再生時間

39分

ユーザ評価
(0)
出会いSNS PCMAX(PCマックス)