当ウェブサイトにはアダルトコンテンツが含まれております。18歳未満の方は速やかに退出してください。
「バックが大好き・・毎日、エッチな事したぃ・・・」ってとても美味そうなムチムチプリプリの太腿にEカップのむにゅむにゅ柔かいEカップのおっぱい・・・・なんてぇ・・うまそうな身体なんだろう・・ゴクリwスカートを自ら捲り上げ、お尻振りまくる彼女。ぷるぷるしとうて、たまらんな。耳元、首筋を舐めながら純白のブラを徐々に外していく。柔かいおっぱいに肌色の乳輪、綺麗な乳首をしている。指で摘むとモゾモゾしながら、乳首がコリコリ硬くなっていく。コリコリ乳首をちゅぱちゅぱと音をたてながら、しゃぶりつくと、「あ~あぁ・・ふぅ~・・あぁっ!!」って喘ぎ声を漏らし始めた。両腕を縛り、パンティーの上から大事な部分を指で擦る・・徐々に指を早くしていく。パンティーをずらし、クリ◯リスを直に触ると、目を瞑り悶え動く彼女。四つん這いにさせ、さらに激しく手を動かすとねちょりとした愛液が染みだしてきた・・・凄い量だ。ま◯こはもう準備万端のようだ。お次は彼女のご奉仕タイム。腕を縛られながら、ち◯こを頬張りカリに優しくしゃぶりつき、根本までお口の中に含み入れる。口の中でじゅるじゅると音をたてて、とても気持ちが良いwカチカチになったち◯こをま◯この中に挿れていく。おっぱいは円を描くように揺れ動き、「あぁん・・あぁ~ん」って鳴き叫ぶ。正常位から彼女の大好きなバックに移行するとさらに感度が増し敏感になる。肉厚のお尻を激しくパンパンっとスパンキングしながら、激しく突いていく。「あぁ~だめだめぇ~っ!!いやぁ~」ってま◯こビショビショに濡らし喘ぐ彼女。お次は下から激しく突き上げる。連続でま◯こを突かれイッちゃう寸前の彼女・・・ビクビクして可愛らしい。最後はお腹の上に大量発射・・・嬉しそうな表情で彼女は「あぁ~ん・・気持ちよかったぁ~」って精子を身体中に塗りたぐっていた。