当ウェブサイトにはアダルトコンテンツが含まれております。18歳未満の方は速やかに退出してください。
私は働いている会社には規則がある。社長秘書はオナニーをしてはならんwwストレスが多くある社長秘書にとってはこの規則はキツイ・・・。23歳の希美と申します。社長秘書という少し固めのお仕事をしております。車内では「情熱的な使い魔」と提唱されている私。社長のお仕事を円滑に進める事が私の仕事。社長が出社されたら、少し厚めのコーヒーをお出しして。、社長は優雅にモーニングコーヒー。社長の体調管理も私の大事なお仕事。チャックを降ろしジュニアを出しお口でしゃぶりつく。だんだんと大きくなるち●こは震えて、白い液体が私の口の中に飛び込んでくる。モーニングショットも終わり、スッキリした社長は会議に出かける。もちろん、私もお供する。会議中も私の仕事は終わらない。抜きたい男性は積極的に抜かせてあげなくてはならない。手をあげられたら断れない。会議中にもかかわらず、大多数の男性が手をあげた。こんなに抜いてあげているのに、私はオナニーができない。溜まりに溜まってくる欲求w我慢ができないよぉ~!机の門でま●こをこすりつける。息がだんだんと荒くなり、二つのチョチョモランマが起き上がり身体がピクピクし始める。3年前の初体験を終えてから誰とも触れ合っていない私。男の人のたくましい棒がほしいよぉ~wwwあまりの気持ちよさに声が上がる。その声に反応した男性社員達、にこにこしながら近づき、私の服を剥ぎ取っていく。規約違反だ!と言いながら、肉棒が何本も何本も私のま●こに突き刺さってくる。そんなに激しいとま●こが広がっちゃうよぉ~ww規則破ってごめんなさぁぁぁい~!!