当ウェブサイトにはアダルトコンテンツが含まれております。18歳未満の方は速やかに退出してください。
女のエロさはクビレで決まる。そう気づいたのは僕が30歳になる頃だった。おっぱいかお尻かで言われればおっぱいが好きだけど、もちろんお尻も好きだ。というか女の子らしい部位がとにかく好きだったのだが、結局決め手はクビレなんじゃないかと気づいた。少しおっぱいが物足りなくても少しお尻が残念でも、クビレがあればなんだかエロい。逆にどんなにおっぱいが大きくてお尻も最高のでかさであってもクビレがなければただの土管。まぁ土管でもいけちゃうのだけれども。クビレが及ぼす効果っていうのは女のエロさの決め手になるのだと気づいてしまって。それからというもの女のクビレにはうるさくなった。どんなに細くてモデル体型でもクビレがない子っていうのは多い。それを見るとあぁとすこ~し残念な気持ちになるのだ。まぁそれはそれで全然いけちゃうのだけれども。今回登場のアンちゃんはどうかって?僕がそもそもこんなにクビレの話を語るに至ったのは言うまでもない。彼女がベスト・オブ・エロくびれ女子だったからだ。服を脱いでびっくり。下着のモデルかと思うほど、均等のとれたスタイル。透き通った肌。あとそれから少し濃い目の毛が非常にえろくて最高。あそこのビラビラがち◯こにあたって最高にきもちいい。ベスト・オブ・エロくびれビラビラでもあった。