当ウェブサイトにはアダルトコンテンツが含まれております。18歳未満の方は速やかに退出してください。
俺は駅ビルで働くサラリーマン。昔流行った学校の七不思議のようにこのビルにも七不思議がある。その中から俺が体験したものを1つ紹介する。それは毎日使うエレベーターの中で起こった。時間は午前0時。夜勤が終わり、エレベーターに乗るとギャル風の服を着た若い女性がいた。スタイルが良く綺麗な女の子だ。エレベーターに乗り彼女と二人っきり。疲れているせいかウトウトとする俺。下の階までは結構ある。俺はしばらく目をつぶる。すると股間あたりがゾワッとした。目を開けるとそこにはち●こをしゃぶる女の子が・・。驚き、彼女をどかそうとするが身体が動かない。彼女は物凄い勢いでしゃぶってくる。ち●こは膨張し大きくなる。彼女は脱ぎ始め、全裸に。毛のないまんこで自ら挿れこみ、腰を振る。まさに王様気分のマグロ状態が続く。エレベーターはまだ下の階にはつかない。なぜなら、彼女が開くのボタンを押しているからである。ここから無限回廊射精が始まるwwこれが七不思議の一つ『真夜中の痴女リスト』である。始業時間まで後10時間。精子が持てばいいが・・・。