当ウェブサイトにはアダルトコンテンツが含まれております。18歳未満の方は速やかに退出してください。
今日は、22歳の女の子、梨花を紹介しよう。彼女とは、私が常用している出会い系サイトで知り合った。渋谷等の都内を、ラッピングカーでユーロビートの音楽に乗せて走り回って宣伝活動をしているあの出会い系サイトだ。本件とはまったく関係無い話だが、外国人がその音楽を楽しそうに口ずさんでいるのを見た事がある。確かに頭に残る音楽ではあるが、彼はその意味を理解していたのだろうか。もし違うのだとすれば日本人として申し訳なく思う。そして実は私も、その音楽に乗せられてこの出会い系サイトを使い始めた人間のうちの一人だ。そこで彼女と知り合った。いつものように出会いを求めてサイト内を巡っていると、彼女からメッセージが来たのだった。そこには、「こんばんは。もし良かったら仲良くしていただけませんか?」とだけ書いてあった。プロフィールを見ると年齢が22歳と書いてある。私は興奮した。仲良くしてとはどういう意味なのだろうか?ただそれだけの意味なのかそれとも・・・出来れば後者であって欲しいと切に願う。少し考えただけでも私のあそこはビンビンだ。私は数度のやり取りの後探りを入れる為、彼女に少しエッチな内容のメールを送った。帰ってきたメールには恥じらいこそ感じられるものの嫌がっている様子はないようだ。これはイケる!!私はそう直感した。今までこのサイトで培ってきた経験を生かしお金をちらつかせながら、ギリギリなラインを責める。そうして会う約束を取り付けたのだった。待ち合わせ場所はホテルの一室。ほどなくして彼女はやってきた。実際に会ってみると、予想以上に可愛い。もじもじした感じが女の子らしくて私の男心をくすぐる。こういう女は意外とエロい。話を聞いてみると、彼氏にセフレもいるそうだ。きっとセックス三昧の日々なのだろう。そして今日、その歴史の1ページに私が入り込むのだ。恥ずかしがる彼女をキスで黙らせる。そして一通り愛撫した後、お待ちかねの挿入だ。挿入した途端、私は締まりの良さに息を呑んだ。またそれだけでは無く、膣壁のしわが私のあそこに纏わり付いてくる。こんな名器には中々出会えない。すぐに行ってしまいそうだが、あまりにもったいない。なんとか我慢しつつ楽しんだ後、あまりの気持ちよさに私は最後、「イクーー!!」と叫んだ。
お気に入り数

86

再生数

3,507

配信日

2010-05-14

再生時間

38分

ユーザ評価
(0)
出会いSNS PCMAX(PCマックス)