当ウェブサイトにはアダルトコンテンツが含まれております。18歳未満の方は速やかに退出してください。
彼女はバツイチだった。今から6年程前の事。当時付き合っているのか付き合っていないのか、微妙な関係の男友達が居た。彼とはバイト先の合コンで知り合った。そこで気に入られたらしく、ちょこちょこ連絡を取り合うようになったのだ。それから何回か彼に誘われ食事や映画を見に行った。そして何回目かのデートでの事。観覧車の中で突然彼にプロポーズされた。遊びに行くようになってまだ数ヶ月。キスこそした事はあるものの、二人はまだ恋人でさえない。突然の事にびっくりした。まだ二十歳なのだ。無理も無いだろう。彼女の頭には、結婚と云う選択肢はまったくなかった。「まだ付き合っても居ないのに」とやんわり断ると、数日後に彼が「話がしたい」と家にやって来た。彼はまだ諦めていなかったのだ。彼女も彼の考えを少し詳しく聞いてみたかった。どうして急に結婚などと言い出したのか?収入面はどうなのか?私の何処がそんなに良いのか?彼を家にあげ、色々な話をした。だがどの答えも曖昧で、彼に対する不信感を拭う事は出来なかった。そしてまたやんわりと断ったその時。彼が突然立ち上がり彼女を押し倒した。抵抗してみるものの、そのか細い腕では男を跳ね除ける事は出来なかった。そのまま力ずくで避妊もせずに性交渉されてしまったのだった。そして彼女は妊娠した。当時は中絶する勇気も無く、流れで結婚する事となった。しかし、その結婚も上手くは行かなかった。夫は結婚前から生活費を出さず、暴言・暴力で彼女を苦しめた。それから3年。毎日離婚を考えていた。それをしなかったのは子供の為だ。また夫は自立した女性が嫌いだった。彼女が働きだすと暴言・嫌がらせがひどく自分が参って仕事を辞めてしまう、そんな事の繰り返し。結果、経済的もに夫に依存するしかなく離婚後の事を考えるとどうしても踏み出せなかったそうだ。しかし我慢も既に限界だった。夫に対して、名字を呼ばれただけでも気持ち悪くなってしまうほどに拒絶反応を示すようになっていた。そしてその年の冬。彼女はついに離婚した。離婚するまで専業主婦だった為、就職先は簡単に見つからず、自給の安いパートの仕事を掛け持ちしてやりくりしなければならなかった。どんどん大きくなる子供。掛かるお金もどんどん増えてくる。どうしたら良いんだろう。仕事先で知り合った新しい彼氏には頼れない。彼女は頭を悩ませていた。そんな時に巡り合ったのがこの仕事だそうだ。今日は子供の為、存分に感じて欲しいと思う。
お気に入り数

25

再生数

1,860

配信日

2010-05-10

再生時間

48分

ユーザ評価
(0)
出会いSNS PCMAX(PCマックス)