当ウェブサイトにはアダルトコンテンツが含まれております。18歳未満の方は速やかに退出してください。
彼女が結婚したのは18の時だった。それを羨ましがる友人も居た。そしてそれと同時に、「私はまだ遊びたいから暫く結婚はいいや」と言う友人も多く居た。だが、そんな周囲の発言も彼女にとってはどうでも良かった。彼の事が大好きだったのだ。ずっと生まれ育った東京を離れ北海道へ行く事も、不安よりも新しい生活の中で大好きな人と生活していける事を楽しみに思っていた。雄大な自然に囲まれながら田舎でのんびり暮らす。雪もろくに降らない都会で育った彼女にとっては、未知の世界だった。実際に引っ越してみると、北海道での生活はやっぱり楽しかった。冬には見たことが無いほどの雪が降った。輝く銀世界の中で夫と二人、雪合戦をした。彼女の投げた球が夫の顔に当たる。そして夫も負けじと投げ返す。こんなに子供のように遊ぶのは彼女にとってすごい久しぶりだった。楽しくて仕方が無かった。結婚して良かったと心から思った。だが、そんな日々も長くは続かなかった。友達もいない。良く行っていた109も無い。車が無ければ何処へも行けない。東京育ちの彼女に北海道のゆったりした土地柄は刺激が少なすぎたのだ。今の生活が退屈でつまらなかった。気づけば夫へは八つ当たりの毎日。次第に二人の関係も、うまく行かなくなっていた。毎日毎日真っ暗な家庭。笑顔も笑い声も無い。少し前までは、あんなに楽しかったのに・・・彼女は不安だった。考えてみると夫から、心を揺さぶられるような優しい言葉はもう何ヶ月もかけてもらった事が無い。仕事はずっと真面目で生活で苦しまされたことは無かったが、いつか私は捨てられてしまうんじゃないかと思った。それでもこんな状況を作ってしまったのは自分に原因があるんだと思い、夫に歩み寄ろうとした。楽しい話題で話しかけてみた。一段と手をかけて、料理を作ってみた。だが・・・時はすでに遅かった。夫は以前のようには接してくれなかった。色々考えた数日後、「私達 一緒に居て良い事無いような気がしない?」自分から切り出した。二人は別居することになった。数年ぶりの東京での生活。彼女の心は弾んでいた。ここには何でもある。やりたい事は、何でもできる。せっかく夫から開放されたのだ。いろんな経験をしたいと思った。そうして彼女はこのビデオに出る事を決めたのだった。クリトリスが感じやすいと云う彼女。私の見たところエッチは相当好きそうだ。今日はどんな絡みを見せてくれるのか、楽しみである。
お気に入り数

16

再生数

2,076

配信日

2010-04-29

再生時間

53分

ユーザ評価
(0)
出会いSNS PCMAX(PCマックス)