当ウェブサイトにはアダルトコンテンツが含まれております。18歳未満の方は速やかに退出してください。
緊張気味で始まった撮影だったが、彼女の愛くるしい笑顔が僕の目に飛び込んできた瞬間、僕の中で何かが音を立てて消えていくのがわかった。名前はかおりちゃん。将来は海外のホテルで働きたくて今は勉強に明け暮れる毎日を送っているらしい。今日ここに来たのはそんな日々の中でたまったストレスを吐き出してしまいたい!!そう思ったから。話してみると想像の中の彼女とは違った声で正直驚いた。「な、なんて萌え声なんだぁぁぁ!!」心の中で叫ばずにはいられなかった。だって僕は大のアニメ好き。そんなアニメ声の可愛い彼女が今僕の目の前にいるなんて・・・。高まる気持ちを抑えるかのように話かける。「夢の実現の為に今日は恥ずかしいことをしにきたの・・・。テヘッ」顔や声、華奢な体からは想像できないほどの、形のいい、大きく実った柔らかそうな胸。可愛いピンクのスケスケ紐パンから出てきたのはパイパンかと見間違えるほどの綺麗なモノ。自分の気持ちを抑えきれなくなった僕は彼女に飛びかかるように襲いかかった。それも優しく受け止めてくれる彼女。僕のいやらしい欲求も受け入れてくれ、自ら電マをあてがってよがる。溶けるような目で見つめられたら僕も応えなくてはいけない。彼女の好きな体位であるバックで綺麗なお尻を眺めながら絶頂へと昇っていくことにした・・・。