当ウェブサイトにはアダルトコンテンツが含まれております。18歳未満の方は速やかに退出してください。
あなたは、ほかの何物を捨ててでも守りたい「生きがい」はあるだろうか。何の商品だったか、キャッチコピーで“No うんたら No Life”なんていうものがあったが、その「うんたら」にあたるものだ。きっと、人生を充実させるための重要なカギの一つで、そう簡単に手に入るものではないだろう。かく言う私もまだ確実に「これ」と言えるものはない。生涯をかけてでもいいから、見つけたいものである。さて、今回主役となるシロウト、名前を乃々美というのだが、彼女にはもう一つの名前がある。「ノーデンマ・ノーライフ・ノノミ」だ。驚いたことに彼女、18歳という若さにして、人生においての生きがいを見出しているのだ。その生きがいとは電マ。それほどまでに、彼女は電マの魅力に取り憑かれてしまったのである。そのきっかけは高校を卒業して間もない頃。彼女は、日課といってもいいほど、頻繁にネットでエロ動画漁りをしていた。その日もいつものようにピンク色をしたネットの波を漂っていたのだが、そこで出会ったのが、電マをあてがわれ続け、何度も何度もイッてしまう動画である。迷いはなかった。彼女はなけなしの小遣いを握り締め、某量販店に駆け込み、買った……電マを。家族にバレないようこっそり自室に持ち込み、早速効果を試す。気持ちいい!彼女は毎日のように電マで自慰行為に明け暮れた。採用が決まったバイトがあったのだが、それすらもすっぽかして自慰行為に励んだ。出会って数日で、彼女にとって電マはなくてはならない存在となっていた。しかしそれだけ熱するのが早いと、冷めるのも早いわけで、10日ほど経った頃から飽きを感じていた。いくらやり方を変えても、最初の頃の快感には今ひとつ届かない。そこで彼女は考えた。ここはエキスパートの力を借りるしかない、と。エキスパート、即ちAV関係者だ。彼らなら、電マで女を気持ちよくするテクを熟知しているだろう。せっかく手に入れたおもちゃ、こんなところで手放すのは勿体無すぎる。テクを学びつつ気持ちよくなって帰ろう……そういった経緯があり、今回の撮影に臨んだ、というわけである。オナニー好きの彼女、もちろんエッチだって大好きだ。おま〇こを弄られると、「欲しい……」と自分からおねだり、繰り返し突かれても「もっと、もっと……」と欲しがる。こんな性行為の快楽の虜「ノーデンマ・ノーライフ・ノノミ」と供に、あなたも快楽の波に呑まれてはいかがだろうか。