当ウェブサイトにはアダルトコンテンツが含まれております。18歳未満の方は速やかに退出してください。
身体中できらめくアクセサリー、肩や胸元まで見える大胆な服、大人のフェロモンを漂わせた美女、真奈美の登場だ。彼女には「マナミ・ライク・グミ」という異名を持っている。もうおわかりだろう、彼女は、まるでグミのような柔軟な身体を持っているのだ。彼女はその身体に何度も助けられてきた。急いでいるときに、通り抜け困難な人だかりに遭遇しても、彼女は身体を器用にくねらせ、何もないところを通過するように、その中を走り抜けることができた。常人なら苦痛しか感じない満員電車に乗るときも、その体を蛇のごとくくねらせ、らくらくスペースを確保出来ていたので、オールウェイズ、ストレスフリーだ。そんな柔軟な身体の使い手、「マナミ・ライク・グミ」だが、今回このAVの仕事で、その身体のさらなる可能性を見出すことになる。腰を振る姿、大股開きで股間を見せる仕草はAVなどでは定番だが、身体の柔らかい人間がやると全然エロさ加減が違う。ロボットのような繊細さと、獣のような野性味を持ち合わせたその動きには、見たもの全てを魅了する。おっぱいも「グミ」の異名に相応しい柔らかさと弾力を持ち、いつでもどこでも持ち歩いて、四六時中揉んでいたいと思ってしまう。身体、おっぱいまで柔らかいときたら、もちろんおま〇こも柔らかく、弾力がある。ひとたびその名器に男根を挿し込めば、まるでガムを味がなくなってもずっと噛み続けているが如く、何回イってもずっとピストン運動を続けていたい……そんな衝動に駆られる。噛めば噛むほどスルメ臭く……いや、美味しくなってゆく、可愛い顔してちょっぴりキケンな中毒性を秘めた「マナミ・ライク・グミ」、お気に召した方はどうぞ心ゆくまで味わっていただきたい。