当ウェブサイトにはアダルトコンテンツが含まれております。18歳未満の方は速やかに退出してください。
小麦色に焼けた肌が元気そうな印象を与える女の子。名前は松岡沙羽。あだ名は「まつウォカ・沙羽ー・ハイボール」。あだ名からわかるとおり酒飲みだ。といっても、特別酒に強いわけではない。少し多めにアルコールを入れると眠くなってしまう質だ。少し前まで沙羽は、この性分をコンプレックスに感じており、少しでも酒に強くなりたいと、酒の席になるといつも限界まで酒を飲んでは、友人に介抱されていた。そんな彼女の気持ちを変えたのはついこの間。仲のいい地元の友人と飲みに行った時だ。いつものように酔いつぶれる沙羽。今まで女友達が肩を貸して帰っていたのだが、その日は帰り道が途中まで一緒の男友達がいたので、彼におぶっていってもらうことになった。まだ夏も始まったばかりの頃で、涼しさの残る空気が火照った体を冷やす。そのため、男友達の背中の温もりがより鮮明に感じられた。帰り道半ばで目覚めた沙羽に彼が一言「ほんとお前は意地っ張りだな」。「……うるさい、ばか」と彼女も一言だけ返す。甘酸っぱい感情を心の隅っこに感じながら、静寂だけが支配する澄みきった空の中、二人は帰っていった……。そんな出来事があってから、沙羽は「まあ、酔って眠くなっても、いいか」と思うようになったとか……。とまあそんなリア充話はどうでもよくて、彼女のエッチはどうかということだが、彼女、完全な「奉仕型」である。流れるように男の動きにあわせ、フェラや、騎乗位で腰を振る時も、男を満足させようというひたむきさが伝わってくる。異性をリードしたい男性、もしくはお互いを気遣い合うようなエッチがお好みな男性とは相性がいいかもしれない。外見や、冒頭のインタビューがギャルギャルしているので、普段とエッチの時のギャップを楽しむというのもアリかもしれない。リア充エピソード意外を除いて楽しみどころ満載な「まつウォカ・沙羽ー・ハイボール」、是非今夜の酒のツマミにいかがでしょう。……ああ、彼女欲しい。
お気に入り数

307

再生数

7,878

配信日

2012-07-30

再生時間

43分

出会いSNS PCMAX(PCマックス)