当ウェブサイトにはアダルトコンテンツが含まれております。18歳未満の方は速やかに退出してください。
1986年3月。田舎の小さな町にカナは生まれた。働き者の父にそれを支える母。多少お節介な部分が玉に瑕だが美人で素敵な母だったそうだ。当時をよく知る祖母の話では、それはもう仲睦まじいおしどり夫婦だったという。決して裕福ではないが暮らしに困る訳でもなく、平凡ではあるが幸せな家庭環境だった。その中で彼女はすくすくと育っていった。そしてそんな幸せがずっと続くと信じていた。しかし彼女が14歳になる頃、転機が訪れた。父が会社はクビになったのだ。理由はよく分からない。セクハラ、不倫・・・きっと言えない理由があったのだろう。お前にはまだ早いと言って、会社をクビになったという事実しか教えてもらえなかった。父は退職後、暫くの間は就職活動をしていたようだが、なかなか仕事が見つからず時が経つにつれ荒れていった。酒びたりの父。次第に増えて行く夫婦喧嘩。彼女の居場所は、もはや家庭には無かった。それでも彼女が元気で居られたのは幼なじみの裕也がいてくれたからだ。いつもの公園。隣には裕也が居た。彼女の希望で、年甲斐も無く二人は砂場で遊んでいた。「昔は二人でこうやってお城作ったりしたよね」「そうだな。お前はいっつもお城のお姫様で俺がナイトで…」そんな話をしながら昔を懐かしむ二人。この時の彼女にとって、当時の楽しかった思い出はとても幸せに思えたのだろう。そんな彼女が指の間からこぼれる砂を見て呟いた。「私たちみたい…」裕也は最初意味が分からなかったようだが、すぐに理解し彼女を抱きしめた。その夜、彼女は裕也の家に居た。誰も居ない裕也の家。今までも何度かあった二人きりの状況。かながずっと抱いていたSEXに対する罪悪感。それはもうどうでもよかった。今にも壊れそうな彼女を裕也は優しく抱いた。かなも裕也を求めた。それからというもの、毎晩のようにかなは裕也を求め続けた。そこにしか自分の居場所が無い気がした。行為は次第にエスカレートし、彼女の羞恥心は麻痺、経験人数もいつの間にか増えていった。そして気づけば裕也とは次第に疎遠になっていた。しかし彼女にとって、もう過去の思い出でしかなくなっていた…。
お気に入り数

3

再生数

579

配信日

2010-04-11

再生時間

46分

ユーザ評価
(0)
出会いSNS PCMAX(PCマックス)