当ウェブサイトにはアダルトコンテンツが含まれております。18歳未満の方は速やかに退出してください。
彼女はとある介護施設のアルバイトとして働いていた。今の彼とはそこで出会った。彼と初めて出会ったのはアルバイトの初日。施設の職員に挨拶回りをしていた時の事だ。「はじめまして~」と挨拶すると、爽やかな笑顔で返してくれた。一目ぼれだった。それからは、少しづつ自分から話しかけ、仲良くなれるように勤めた。そうして数日後、大きな障害が発覚したのだった。彼には奥さんがいたのだ。また子供も一人居た。それを知った彼女は、最初こそ気丈に振舞っていたものの次第に壊れていった。仕事はがむしゃらに頑張った。もう全てを忘れたかった。休日はパチンコに溺れた。貯金はすぐに底をついた。もうパチンコにさえ行けない・・・そうして彼女は寂しさのあまり、出会い系サイトにも手を出した。だがメールで遊ぶだけで、会う事はしなかった。彼への思いが彼女を踏みとどまらせていた。そんな日々を二ヶ月ぐらい送ったある日の事。たまたま施設の行事の用意で彼と二人きり、夜遅くまで準備をする事となった。最初こそ自制していたものの、気づくと彼女は込み入った話をしていた。彼の家庭の事・・・自分の気持ち・・・そしてついに彼に抱きついたのだった。「お、おい、ちょっと」と慌てる彼。「お願いこのままで」と返す彼女。「どうしたの?」と彼が問いかけてくる。彼女は思い切って彼の唇にキスをした。そうすると彼も我慢できなくなったのだろう。彼女を強く抱きしめキスをした。更衣室のロッカーに寄りかからせディープなキスをした。そうしてその夜、二人は初めて結ばれたのだった。後で彼から聞いたそうだが、今の奥さんとはあまり上手く行っていないそうだ。そんな時に彼女と知り合い、ずっと気になっていたらしい。つまり両思いだったのだ。そうしてその夜を切欠に、二人は付き合う事となった。不倫と云うやつだ。それでも彼女は幸せだった。だが、不倫と云うものは厄介だ。同じ職場で毎日会う事は出来るが、不規則な就業条件に加え彼は妻子持ちなのだ。二人きりで会う時間はなかなか作れなかった。エッチも月に一回程度しかできない。彼女は内心不満だった。もっとエッチがしたかった。我慢も限界だった。そんな時に思いついたのが、以前出会い系をやったときに知り合った男、つまり私だったのだ。今日は思う存分満足して帰って頂きたいと思う。
お気に入り数

12

再生数

825

配信日

2010-05-17

再生時間

36分

ユーザ評価
(0)
出会いSNS PCMAX(PCマックス)