当ウェブサイトにはアダルトコンテンツが含まれております。18歳未満の方は速やかに退出してください。
「退屈な日々に少しだけでいいから刺激が欲しかった。」そう彼女は呟いた。松本あやのさん、35歳の独身。普段は流通会社の事務のお仕事をなされているそうだ。事務作業ということもあって遅くとも18時には毎日退社できるそうだが、どうにも仕事終わりの時間を有意義につかえないらしい。自宅に帰っては独り分の食事をこしらえ、就寝までの時間は読書に明け暮れるという。休日もそれほど変わらない過ごし方のようだ。周りの友人は次々と結婚し、子育てに忙しいのが大半。あやのさんは専ら図書館で終日独りの時間を過ごすそうだ。35歳を迎え、さすがに独り身の自分に焦りを覚えたのだが、なかなか良い出会いもなかったそう。ただどうしても寂しさだけは払拭できず彼女に付きまとう。そんな彼女にたまたま街で声を掛けたのがこの作品の撮影クルーだった。ちょっとオットリした感じで彼女は「興味があるので出てみたいです。」と言ったそうだ。家と会社の往復の日々、気を紛らわせてくれるのは読書だけだった彼女にとって、今回の話はとても刺激的で、冒険心を掻き立てたのだろう。事前の質問の中で彼女は「どちらかと言えばMかな」と話していた。ただ、自分が気持ちよくなったら相手にも気持ちよくなってもらいたいという奉仕心も兼ね備えてるようなので、ドMまではいかないようだ。撮影が始まり、男優が彼女に触れ始めると、彼女はゆっくりと目を閉じ完全に身を委ねる形になっていった。胸を揉まれ、乳首をいじられると彼女の息づかいは次第に荒くなっていき、甘い声が漏れ始める。続いて陰部に触られると、泣きそうな表情と声をこぼし、下のお口からも淫らな体液をこぼし出した。主観的見解ではあるが、だいたいM女に限って、フェラなど女性側がしてくれる行為については非常に丁寧で、更にいやらしかったりするものだ。特に否定するつもりではないが、S女の場合はやはり攻撃的であり激しいものだ。一方、M女の場合は受け身な分、相手への配慮を考え優しく丁寧な奉仕をしてくれる。それが客観的に観るととてもエロかったりするのだ。彼女もまた、丁寧かつ非常に淫らなオシャブリをしだす。右手で肉棒を握りつつ、余った左手はしっかりとタマに添えられている。献身的で素晴らしいものだ。刺激を与え湿らせた彼女の陰部に硬く反った肉棒を挿入してやると、再び泣きそうな表情を浮かべ、更に大きな声で喘ぎだした。退屈を埋めるために読み続けた本たちにはきっと記載されていないだろう「快楽の物語」。その物語へ今、彼女はシーツを握りしめながら浸り始めたのだった。
お気に入り数

3

再生数

1,671

配信日

2010-04-19

再生時間

36分

ユーザ評価
(0)
出会いSNS PCMAX(PCマックス)